投稿日:2022年3月20日

店舗などテナントの内装解体工事を承ります!

こんにちは!MY工業です。
私たちは京都府宇治市を拠点に、京都市や関西一円で解体屋として解体工事や産業廃棄物収集運搬、原状回復工事、内装解体工事などを手掛けております。
現在、弊社では解体工事の新規ご依頼を募集中です。
今回は、店舗や事務所テナントとして入居されている方へ向けて、退去時の内装解体工事についてご紹介いたします。

退去・移転時に必要な内装解体工事


テナントとして入居中の店舗や事務所から退去または移転する際には、契約書内容にもよりますが、一般的には「元の状態に戻して返す」ことになります。
内装解体工事においては、その「元の状態に戻す」というのが一つキーポイントです。
骨組みでコンクリート打ちっぱなしの「スケルトン」状態であったのでしょうか?
それとも入居前のテナントが内装や設備、備品などをそのまま残した「居抜き物件」でしたか?
それによって、費用も工期も大きく違ってきます。
どこまで元に戻すのかは契約書に書かれているはずですので、よく確認することが大切です。

原状回復工事とは?

テナント退去時に多くは原状回復工事を行います。
原状回復工事とは、「現在の状態」を「入居時」の状態に戻す工事のことです。
そして、骨組みのみのスケルトン工事が必要な場合には、構造部分以外のすべての内装を解体して、コンクリート打ちっぱなしの状態にまで戻します。
弊社ではテナント以外にも、マンションやアパートなどの、入退去時のクロスやクッションフロア(CF)、フローリングの張替えなどのご要望にも対応いたします。

スケルトン工事とは?

スケルトン工事とは、建物の構造体以外の内装全てを解体し、天井・壁・床・排気設備・配管などを、入居当時の状態に戻すことです。
入居者が入居以降に設置したものを、内装解体工事で解体・撤去し、構造体のみが残ります。
解体した廃材などは、自治体から認可を受けた業者に廃棄物処理を依頼します。
スケルトン工事を行うことで、柱の傷みなどの確認ができるため、建物維持には大切な工事です。

店舗・オフィスなど内装解体工事は弊社へ!


MY工業では、自治体から産業廃棄物収集運搬業許可書も取得しておりますので、解体時の廃棄物処理も安心してお任せいただけます。
テナントの内装解体工事をお考えでしたら、ぜひ一度お電話またはお問い合わせページよりご連絡ください。
皆様からのご依頼をお待ちしております。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

MY工業
〒611-0042 京都府宇治市小倉町山際55-7 山際テナント2階
TEL:080-3849-4515 FAX:077-439-8587


関連記事

宇治市 解体工事

宇治市 解体工事

宇治市 解体工事 施工前 施工後 先日、宇治市で解体工事を行いました。 各種解体工事は弊社にお任せく …

施工実績を更新しました!

施工実績を更新しました!

こんにちは!MY工業(エムワイこうぎょう)です。 弊社は京都府を拠点に関西一円で各種解体工事を承って …

城東区解体工事(施工前後)

城東区解体工事(施工前後)

お問い合わせ  採用情報